メインイメージ画像

仕事と家庭の両立をしなければいけない

結婚・出産を機に退職し家庭に入るという女性が多いですね。そしてその後育児などがひと段落したらまた働き始めるという風潮がよく見られます。看護師で再び働くとき、就職口の探し方としては、仕事と家庭の両立にかなり理解がある職場を選択すると良いと思いますよね。家事との両立はきっと困難でしょうから、他でもママさん看護師が多く勤務する職場を選んだら良いのかもしれないです。互いに助け合い勤務することができるでしょうね。

看護師の免許を取るには国家試験を受けなくちゃいけないですよね。

試験は年に1回2月に行われます。テスト会場は北の北海道から沖縄までの11の都市です。合否の発表は3月に行われます。試験は全部で10科目あり、全てを1日で行ないます。国家試験の合格率に関しては、最近の10年間はだいたい90%ほどみたいです。かなり高い合格率でびっくりしました。

命の現場で働くのですから、強い決意を持って試験に受かっても勉強し続けてもらいたいものです。

災害時に役立っている海外ボランティアなど、様々なメディアで国外での医療が取り上げられたために外国での医療支援に関心を寄せる看護師も多いことだでしょうね。ところが実際は長い休みを取れないことや国外での経験がないからと参加を見合わせてしまう人が多いみたいです。そんな人のために1週間程度で参加することができるボランティアというものもあるようですね。現地のスタッフと生活をともにして医療の現場で働く体験をすることができるみたいです。